搬入のみなさまへ

まだ大丈夫。いつまで人は、そう思うのだろう。

We’ll be all right. How long will people remain this complacent?

22,310,000,000t

2050年には、今の2倍の廃棄物が地球を覆っている。

By 2050, the earth will be burdened with over 2 times the current amount of waste.

12,700,000t

漂流するプラスチックゴミが海の生態系を壊しつつある。

Drifting plastic waste is destroying the marine ecosystem.

16,000types

すみかや命を奪われ、多数の動植物が絶滅の危機にいる。

Animals and plants are on the verge of extinction, robbed of their natural environments and lives.

5,200,000ha

日本の国土の約14%にあたる森林が毎年、世界中から消えている。

Every year, forests equivalent to 14% of Japan’s land mass are disappearing from the world.

このままいくと、2030年には
地球2個分の資源が必要だ、
という人もいます。

If we keep up this pace,
we may need resources
twice the mass of the earth by 2030.

いま、必要なのは逆転の発想。
マイナスをプラスにするイノベーションです。

What we need now, is an idea that defiesexpectations.
We need an innovation that turns a “negative” into a “positive.”

ゴミは、捨てれば終わり。
けれど使えば、資源になる。

そう捉えれば、
地上は、資源で溢れていることになる。
地球から、資源を削る必要がなくなっていく。

If thrown away, garbage will remain garbage.
But if utilized, it can become a resource.

If we look at it this way, the earth is full of resources, and there is no need to keep depriving the earth.

私たちは廃棄物処理のあり方を変え、
この業界のイメージを変え、
廃棄物という言葉そのものをなくしていきたい。

We want to change the way waste disposaland the industry is perceived, and even eradicate the word “waste”.

資源を再生する、
地域になくてはならない存在として、
業界で働く人の地位も向上したい。

We want to increase the value of workersin the industry, who are essential to the process ofregenerating the earth.

子どもたちや、その子どもたち、
そのまた子どもたちの時代へ、
ずっとずっと、美しい地球と、
大切な心を引き継いでいきたい。

We want to ensure that our children continue to live on this beautiful earth with love and care.

そのために、人と自然と技術が共生する暮らしをつくり、広めていく。
世界中の仲間と手を取り合って、できることから、ひとつずつ。
小さな波紋は、やがて大きな波紋になると信じて。

To do so, we want to create a lifestyle in which people, nature, and technology coexist symbiotically.
We want to start with small steps, and join forces with those around the world.
Even a small ripple in the pond will eventually cause a large wave.

自然と美しく生きる

Be Green