埼玉新聞に専務講演の様子が掲載されました

さいたま市内で開催された「埼玉ビジネスネットワーク」第5回セミナーにおいて、当社専務・石坂知子が講師を務め、地域に根差した歴史や地域の人・自然と生きる意味についてお話しをさせていただきました。講演の内容が、4月23日付の埼玉新聞で紹介されています。

「埼玉ビジネスネットワーク」は、埼玉新聞社様が主催し、埼玉県内でのビジネスチャンスの創造促進を目指して、各種セミナーや現場見学会などを通じた異業種交流を行っています。

講演では、なぜ産業廃棄物処理を行う当社が、「自然と美しく生きる」というコーポレートスローガンを掲げ、自然や地域との共生を目指してきたのかをお話しさせていただきました。

取り組みを継続してきたことで、里山に希少な植物が戻ってきたり、地域の方から「ありがとう」と声をかけていただけるようになったりと、少しずつ成果が見えてきたことで、より多くの方にご来場いただける施設になりました。

今後、環境分野に関する産官学での共同研究や、環境教育を通した人づくりにも特化していきたいというビジョンも、皆さまにお伝えすることができました。