2018年上期「企業価値」の更新認定を受賞しました

この度石坂産業は、一般社団法人企業価値協会より「2018年上期企業価値認定企業」に選ばれました。

「企業価値」は、中小企業が持つ特徴的な価値を評価し、その価値を世の中に伝え進化発展させることで、日本の産業と経済の発展に寄与することを目的としています。
企業価値協会では、各企業の永い繁栄と、特徴的価値の進化を促進するため、3年毎の更新審査を行っています。当社は2015年上期に続いての更新認定となります。

2月5日にパレスホテル東京にて開催された「企業価値認定賞授与式」に当社常務・石坂靖子が出席し、企業価値認定証をいただきました。

2015年の認定以降、分別分級技術の向上により減量化・リサイクル化率98%を達成し、体験型環境教育フィールド「三富今昔村」を運営、年間約3万人の方に来場いただいているという持続可能な経営が評価されました。
今後も、さらなる進化にご期待ください。

■企業価値認定
2018年上期企業価値認定では、15の企業が新規認定、10の企業が更新認定を受けました。
http://www.valueprize.jp/about/