日本生態系協会よりJHEPの更新認証をいただきました

7月10日、石坂産業が保全活動をしている「三富今昔村」のくぬぎの森は、
日本生態系協会よりJHEPの更新認証を取得いたしました。

2012年にJHEP認証(ハビタット評価認証制度)の最高ランクである
AAA(トリプルエー)を取得してから、今年が初めての更新となります。

JHEP認証とは、「生きもののくらす環境に着目して森林環境を評価する手法」です。
評価が高ければ、より多くの生物がすみやすい森であるという意味になります。

5年ごとに更新の必要があり、審査が行われます。
更新を行い、5年10年と長く続けていくことで、
生物多様性が継続的に守られる森になっていきます。
AAAの最高ランクの更新認証を取得したのは、当社が初となります。

この地道な保全活動により、多種類の植物が生息する豊かな森に生まれ変わっています。
くぬぎの森の植物(草本植物)は、認証当初30~40種類であったところ、
5年間で50~60種類にまで増加しました。
また、埼玉県の準絶滅危惧種に指定されている
シュンラン・ササバギンランなどの数が増加しています。

今後もより一層、多くの生きもののすみかとなるくぬぎの森を守り育てていきます。