お客様へ、ご搬入に関するお願い

産業廃棄物のご搬入に関して、「危険物及び許可品目外の混入防止」「過積載運行防止」におけるご協力のお願い

日頃より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。当社へ産業廃棄物をお持込みされる際に、以下の注意事項をご留意くださいますよう、お願い申しあげます。

◼︎危険物及び許可品目外のご搬入について

当社へご搬入頂いている荷物の中に、「危険物」や「許可品目外」が混入している場合がございます。「危険物」ひとつ取っても様々な種類がありますが、過去弊社に搬入された例を上げさせて頂きます。

・乾電池
・発煙筒
・スプレー缶
・車のハンドル(エアバッグ)

上記のものは、発火及び爆発する恐れがあります。重大な火災へと繋がりますので選別の強化をお願い致します。

他にも下記のような事例があります。

・鋳物(破砕機を傷める可能性があります)
・セラミック(破砕機を傷める可能性があります)
・薬品関係(異臭等を発生させ、作業員に悪影響を及ぼします)
・注射器等の医療道具(作業員に刺さる危険性があります)

このような物が、搬入された荷物から発見された場合、荷降しした搬入業者様を特定し、お持ち帰り頂く事になりますので、積込時の選別強化を徹底していただきますよう、ご協力をお願いいたします。

◼︎過積載の防止について

過積載に関しまして取り締まりが、一層強化されております。

過積載は運転者だけではなく、事業者の責任も追及され、処罰されることがあります。その責任は重く、運転者及び事業者の管理責任を問われ、行政処分に処されることがあります。さらに、道路交通法違反だけでなく事故に繋がる場合もあり、とても危険です。

・車両のトラブル(シャーシ・ボルトの破損、タイヤのバースト等)
・制動距離が伸びる(ブレーキが熱を持ち効かなくなる)
・カーブでの旋回が困難になる(重心が高く横転の危険性)
・燃費の悪化(環境に悪影響)

万が一の事態が発生した時、二次災害をも引き起こす可能性があります。過積載運行の危険性などを十分ご理解いただき、過積載運行防止にご協力をお願いいたします。

ご不明な場合には、お電話にてお問い合わせください。
営業部 049-259-1177