ブラジル連邦議員団が当社を訪問されました

2016年3月28日(月)に、当社へ「ブラジル連邦議員団(ルイス・ニシモリ伯日議員連盟会長他)」が来訪されました。

今回の視察は、外務省の「Juntos!!中南米対日理解促進交流プログラム」の一環から実現したものです。このプログラムを通じて、日本に対する理解と関心を寄せ、政治・経済関係の強化、議員レベルの交流促進が期待されています。

当社では、コンクリート、木材、土砂系混合廃棄物の分別・分級技術、減量化技術を見学され、さらに里山保全活動の場である「三富今昔村」を実際に歩いていただきました。

当社で働くブラジル出身社員からの挨拶もあり、当社をより身近に感じていただけたようです。

■Juntos!!中南米対日理解促進交流プログラム

中南米各国で、様々な分野において日本との関係強化に貢献することが期待される人々を対象に、日本の外交政策や伝統、最新技術等に触れる機会を設けることで、日本についての理解を深め、ひいては、日本と中南米の絆を深めることを目的として実施するもの。

「Juntos」とはスペイン語、ポルトガル語で「共に」を意味し、2014年の安倍総理中南米訪問の際にサンパウロで行った外交スピーチのキーワード。