Green Blue Education Forumコンクール受賞チーム決定のお知らせ

石坂産業が事務局を務める「体験の機会の場」研究機構から派生した「Green Blue Education Forum」実行委員会が主催する「Green Blue Education Forumコンクール」の最終プレゼンテーション大会が11月30日に開催されました。

小学生から大学院生(6~25歳)までの世代別3部門でそれぞれ受賞チームが決定しましたのでお知らせいたします。 「Green Blue Education Forumコンクール」は、持続可能な社会づくりのために活躍するリーダーを発掘する趣旨の下、若年層を対象に「守り残したい環境・創りたい未来」をテーマに優れた提案を選考し表彰するもので、文部科学省・環境省と共催で開催しました。
11月30日、経団連会館に一次審査を通過した9チームが集い、それぞれ創意工夫あるプレゼンテーションを行い下記の通り、最優秀賞・優秀賞・奨励賞などの各賞が決定しました。

 

 

 

Green Blue Education Forum プレゼンテーション大会結果

 

〈最優秀賞〉

U-25部門(大短学生・大学院生・専門学校生)

わさびアンバサダーチーム(昭和女子大学リーダーズアカデミー)

 

U-18部門(中学生・高校生)

北海道士幌高等学校 環境専攻班(北海道士幌高等学校)

 

U-12部門(小学生)

Nagasaki Global Junior Innovators(真未来塾)

 

〈優秀賞〉

U-25部門(大短学生・大学院生・専門学校生)

エコ~るど京大(京都大学)

 

U-18部門(中学生・高校生)

Ametrine(静岡県立三島北高等学校)

 

U-12部門(小学生)

なかよし にこにこ 2年生(大牟田市立上内小学校)

 

〈奨励賞〉

U-25部門(大短学生・大学院生・専門学校生)

Sandイッチ(創価大学)

 

U-18部門(中学生・高校生)

タピる2.0(東京都立富士高等学校)

 

U-12部門(小学生)

チーム必死に守る3人(佐世保市立祇園小学校)

 

<Green Blue Education Forum実行委員特別賞>

Ocean Lovers (関西学院千里国際中等部)

 

<文部科学大臣賞>

Nagasaki Global Junior Innovators (真未来塾)

 

<環境大臣賞>

北海道士幌高等学校 環境専攻班 (北海道士幌高等学校)

 

<アサヒロジスティクス賞>

エコ~るど京大 (京都大学)

 

<大和リース賞>

Sandイッチ(創価大学)

 

各賞の詳細は別紙をご参照ください。

 

※Green Blue Education Forumとは

体験の機会の場」研究機構が実施する。「体験の機会の場」の普及・啓発事業の推進部門。環境教育推進法に基づく「体験の機会の場」認定団体や体験型環境教育の理念に共鳴し賛同する企業・団体で構成しています。
環境・経済・社会的な課題が複雑に関わり合う現在、持続可能な社会を実現するために、これまで以上にSDGsの視点を踏まえたESDや環境教育の取り組みが必要とされています。 Green Blue Education Forumは、これからの未来を担う若い世代が未来の世代との不公平をなくしていくため、自発的・主体的に課題を探し、考え、解決のための方策をまとめ、広く伝えるため、学び考え伝える楽しさを感じる体験ができる機会の場として、本コンクールを開催することとしました。
このコンクールを通じて世界を変えていく強い意志を抱き、想像力・思考力・判断力・表現力を身につけて活躍するリーダーを発掘・育成していきます。