SDGs×幸福×経営 シンポジウム 開催報告

11月15日、当社代表・石坂典子も登壇させていただき、慶應義塾大学三田キャンパス西校舎ホールにて「SDGs×幸福×経営 シンポジウム」が開催されました。

600名を超える聴講者の方にお越しいただき、「誰もが幸せに生きる持続可能な社会」について考える場となりました。

シンポジウムの前半では
一般社団法人SDGs支援機構・代表理事の河上伸之輔様、
幸福学研究の第一人者であり、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司様、
第2回ジャパンSDGsアワード特別賞受賞の三承工業株式会社代表・西岡徹人様が
登壇し、それぞれの立場から「SDGs」をテーマにお話しをしていただきました。

石坂は、当社でのSDGsの実践と社員の働き方、そして静脈産業である私たちだからこそ発信していける廃棄物問題などについてお話しさせていただきました。

後半のトークセッションでは、河上様のファシリテートのもと
三承工業と石坂産業が実際に歩んできた歴史や経緯に触れつつ、
企業におけるSDGsの取り組みについて、また、SDGs自体を目的化することへの疑問についてなど、前野教授に解説いただきながら議論を深めました。

SDGsをブームで終わらせず、持続可能な社会をつくるために
多くの方とSDGsについて真剣に考え、熱い想いを共有していきたいと想いを新たにできた時間でした。