建廃処理業界初! クボタ環境サービス製 粗破砕用一軸破砕機を導入

石坂産業株式会社は、6月より、クボタ環境サービス株式会社の一軸破砕機を導入いたしました。
従来の破砕機の10倍以上の処理能力となることで、作業の効率化や安全性の向上が期待でき、
より生産の安定化を図ることが可能になります。

建廃業界初の導入

2019年6月、石坂産業は、クボタ環境サービス株式会社の一軸破砕機「マスチフネオtypeR」の導入許可を取得いたしました。建築系産業廃棄物処理業界では初めての導入となります。
新破砕機は、業界初の破砕機専用減速機「トルクリミッタ」により、異物混入時にも機械の損傷やライン停止に陥ることなく、トラブルを回避できます。また、破砕物のサイズの調整ができるため、処理基準を確実に満たした処分が可能です。これらの機能により、今後はより一層生産の安定化を図ることができます。

プラントの働き方改革にも寄与

新破砕機の導入で、従来の破砕機に比べ処理能力が10倍以上に高まります。また、回転刃物と同様、固定刃の摩耗時にも刃を部分的に交換・反転できるため、メンテナンス時間を大幅に削減することができ、プラントスタッフの業務効率化や働き方改革に大きく貢献します。
当社では今後も、建築系産業廃棄物の処理能力向上、そして社員の働く環境整備のため、設備投資や先進技術の導入を行ってまいります。