関東地区 電気使用合理化委員会 委員長表彰を受賞しました

平成30年度(第77回)関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰「功労者の部」において石坂産業株式会社「保全課」が委員長表彰を受賞しました。

本表彰は、【電力の有効活用】【省エネルギーの推進】等に顕著な功績があった工場・事業場及び個人に対して授与されるものです。

工場・事業場の活動を(1)組織運営、(2)電力管理、(3)設備管理、(4)効率化、(5)特記事項の5項目から評価し、2月の省エネルギー月間に、優秀な実績をあげた企業に対し表彰が行われています。

当社は平成26年度に「関東地区電気使用合理化優良事業者 埼玉県知事賞」、平成27年度に「エネルギー管理優良事業者 関東経済産業局長表彰」を受賞しました。

今回は、石坂産業としての受賞ではなく当社で工場や施設の管理、メンテナンスを行う専門部署「保全課」が表彰を受けました。

電気、水、空気など社内のインフラ全般に関わる保全課は、電気使用合理化推進管理専門の常設組織として、エネルギーマネジメントも推進しています。

この度の表彰では、以下4項目を中心に高い評価をいただきました。

・コンプレッサーの統合化による電力の削減およびCO2排出量の削減
・工場LED化による電力の削減およびCO2排出量の削減
・設備の保全強化によるトラブル時間の削減
・負荷平準化対策として蓄電池設備の導入による電力需要の多い昼時間の電力使用の削減

当社は今後もエネルギーマネジメントに取り組み、環境負荷の削減、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。