QCサークルの現場巡回を行いました

QCサークルとは「小集団改善活動」とも言われ、職場内を小グループに分け、全員参加で継続的に小さな改善を繰り返していく活動のことです。
当社でも、一昨年よりQCサークル活動を取り入れ、リサイクルプラントの改善活動として実践しています。

先日、リサイクルプラントで働くメンバーによる成果発表が行われました。
成果発表では、代表・石坂典子含む役員も実際の現場に足を運び、チームごとに行った改善活動のアイデアや効果を確認しました。

石坂は各現場で、改善を行ったスタッフに
「自分の仕事の中で、ムダや不安全行動は他にないか」
「まずは改善した方が良いことに気づき、次のステップで、どうしたら改善できるかを考えよう」
と声を掛けながら現場を巡回しました。

スタッフにとっては、自分たちの改善を自分の言葉で説明し、石坂から直接フィードバックをもらうことで、新たな課題や目標が見つかる機会となりました。