地中熱利用システムについて日刊工業新聞で掲載されました

当社の地中熱利用システムが、日刊工業新聞「ファイルいい話」に掲載されました。

当社が運営する環境教育施設「くぬぎの森交流プラザ」では、地中熱を利用した空調システムを導入しています。
年間を通じてほとんど一定の温度の地中熱を利用することで、夏は室内を冷やし、冬は室内を暖めることができています。
通常の空調を入れた場合に比べ、消費電力は10分の1以下、CO2の排出抑制も可能になりました。

当社では引き続き自然エネルギーの活用を積極的に行い、自然と共生した空間づくりを行っていきます。

地中熱を利用した空調システムについて、詳細はこちらをご覧ください↓
https://ishizaka-group.co.jp/news/939/