雑誌『INDUST』に当社の取り組みが掲載されました

産業廃棄物処理の総合専門誌『INDUST』12月号に、当社の取り組みが掲載されました。
今号の特集「産廃処理からの新たな事業展開 ―住民への還元と雇用創出―」の中で、
本業を活かしながら農業や環境教育を行う「環境産業」に向けての取り組みが
当社代表・石坂典子のインタビュー内容とともに紹介されました。

当社が位置する「三富(さんとめ)」地域では、江戸時代から
雑木林の落ち葉を畑の堆肥として用いる「落ち葉堆肥農法」という循環農法が行われてきました。
そうした地域の歴史や文化を一つひとつ汲み取りながら、広い意味での“環境”全体を学べるフィールドとして「三富今昔村」を運営しています。

また、「石坂ファーム」では伝統の落ち葉堆肥農法を用いた野菜づくりを行い、農業を通した食農育体験や里山文化を体験するプログラムを展開しています。

産業の循環を生み出す業界として、産業廃棄物処理事業が環境創造事業へと転換していくことの重要性が述べられています。

■INDUST
公益財団法人 全国産業資源循環連合会が毎月発行している産業廃棄物処理の総合専門誌。
購入や年間購読についてはこちらから↓
https://www.zensanpairen.or.jp/books/