ゴミにしない技術/石坂産業/Nothing to Waste
ニュース - 2017.03.29 -
当社のコーポレートスローガン、ロゴマークを一新いたしました。
次の50年、100年へ。人と自然と技術の共生へ。
一歩一歩、前へと進むために、
コーポレートスローガン、ロゴマークを新たにしました。
6月末には、ホームページもリニューアル予定です。
地域の皆様やお客様、お取引先様、社員やそのご家族、皆様の支えがあって、
おかげさまで2017年、私たち石坂産業は50周年を迎えます。
創業は、昭和42年7月。高度経済成長の真っ只中でした。
人々の暮らしが豊かになっていくその裏で、どんどん埋め立てられていく廃棄物。
その山を見て、「このままでは日本はダメになる」という想いが、きっかけです。
以来ずっと、廃棄物の問題と真正面から向き合い、ゴミにしない技術を貫いてまいりました。
人と自然と技術の共生へ。
これからの50年、100年は、これまで以上に、再資源化の技術に磨きをかけることはもちろん、
持続可能な社会に向けた研究開発や環境教育に力を入れていきます。
その決意をコーポレートアイデンティティ(CI)に込め、
今年1月コーポレートスローガンを新たにし、この4月、ロゴマークの変更を行いました。
あわせて、6月末にはホームページのリニューアルも行う予定です。
私たちの取り組みや、皆様にお伝えしたいこと、イベント情報など、
さまざまな情報を発信してまいりますので、ご期待ください。

次の50年、100年へ。人と自然と技術の共生へ。

一歩一歩、前へと進むために、

コーポレートスローガン、ロゴマークを新たにしました。

6月末には、ホームページもリニューアル予定です。

 

地域の皆様やお客様、お取引先様、社員やそのご家族、皆様の支えがあって、

おかげさまで2017年、私たち石坂産業は50周年を迎えます。

 

創業は、昭和42年7月。高度経済成長の真っ只中でした。

人々の暮らしが豊かになっていくその裏で、どんどん埋め立てられていく廃棄物。

その山を見て、「このままでは日本はダメになる」という想いが、きっかけです。

以来ずっと、廃棄物の問題と真正面から向き合い、ゴミにしない技術を貫いてまいりました。

 

人と自然と技術の共生へ。

 

これからの50年、100年は、これまで以上に、再資源化の技術に磨きをかけることはもちろん、持続可能な社会に向けた研究開発や環境教育に力を入れていきます。

 

その決意をコーポレートアイデンティティ(CI)に込め、今年1月コーポレートスローガンを新たにし、この4月、ロゴマークの変更を行いました。

 

あわせて、6月末にはホームページのリニューアルも行う予定です。

私たちの取り組みや、皆様にお伝えしたいこと、イベント情報など、

さまざまな情報を発信してまいります。

 

ご期待ください。